2007年10月06日

二重まぶたの手術法:埋没法

スポンサードリンク

 二重まぶたの手術について説明をしたいと思います。

 二重まぶたにする手術は、最近は非常に人気があるようです。最近では、手術の料金も安くなっており、手軽に受けられるようになったこともその人気の後押しをしているでしょう。

 現在二重まぶたにするためには、いくつかの手術法があります。いずれの手術法にもメリット、デメリットがあり、多くの場合、その病院で問診などをして話しあったうえで、手術方法を決める、といった流れで決められるのが一般的です。

 二重まぶたの手術法として、一番知られているものが埋没法とよばれるものです。埋没法は、プチ整形でよく知られている、メスを使わない二重術、といえばイメージがわきやすいかもしれません。

 埋没法は、二重にしたいラインにそって、医療用の極細の糸を縫い込み二重のラインを形成する手術で、メスを使わず、傷跡も残りません。手術時間もわずか10分ほどで終わるため、いわゆるプチ整形、美容手術の代表的なものです。

 二重まぶたを埋没法で作ると、生まれつきのような自然な感じの二重まぶたができるので、いかにも「つくった」という不自然さがなく、しかも術後のハレが非常に少なく、傷跡も残らず、治りも早いというのが特徴となります。

 また、料金も安く、手術前の目にもどしたり、二重のラインを変えたりすることもできるので、最近の二重まぶた手術の主流となっています。体質にもよりますが、手術をした翌日からごく普通に学校や会社に出ることも可能です。まずは気軽に二重まぶたに挑戦したい人にとって、人気の二重術になります。

 埋没法は多くの美容外科でとりいれているので、もし二重まぶたの手術を受けられるなら、医師にこの手術をしているか聞いてみるとよいでしょう。
タグ:埋没法
posted by 二重まぶたマスター at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 二重まぶた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

埋没法 −お手軽なプチ整形−
Excerpt: メスを使わずに注射など比較的手軽な処置で美容整形施術を行う『プチ整形』の代表的な治療法です。体内に吸収されない医療用の細い糸をまぶたの裏側から埋め込み、まぶたの皮下2~3箇所をとめることで二重のライン..
Weblog: 二重まぶた化粧品でパッチリ目元に
Tracked: 2008-08-11 10:06

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。